インプラント治療ナビ!

インプラント治療ナビ!歯医者にいっていろいろ調べてきました

少ないインプンラト本数でできるオールオン4

総入れ歯の方や多くの歯を失った方に、4本のインプラント体をバランスよく骨に埋入する手術のことです。

その日に固定式の仮の歯をいれますので、すぐに噛むことができますし、機能面だけではなく、審美的にも自然です。

もちろん入院の必要はございません。6本埋入する場合は、ALL ON 6(オール オン シックス)と呼びます。 以前は片顎で14本歯がない総入れ歯の方の場合、インプラントを10から14本埋め込む手術が一般的でした。本数が多いと、手術時間が長くなり、術後の腫れも大きく、費用もかさみました。

しかし、最近の研究で、特殊な技術を用いて埋め込めば、日常生活に必要な12本(片顎)の人工の歯を支えるために必要なインプラントは、4から6本にできることがわかったのです。必要最少本数(4本)で、上または下の歯をすべて支える――これが ALL ON 4 (オールオンフォー)の考え方です。

この方法は欧米で普及してきており、患者様の費用、腫れ、手術時間や精神的な面でも負担を減らすことができます。

 

インプラント治療について

インプラント治療とは

インプラント治療とは、歯が失われてしまった部分に人工の歯を埋入する治療のことです。人工の歯根を顎の骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を固定します。

入れ歯やブリッジと異なり隣の歯を削って負担をかけることもありませんし、自分の歯と同じような感覚で強い力で違和感なく噛むことができるようになります。

また、下顎の総入れ歯が不安定で動いてしまう方や、上顎の総入れ歯で口蓋が無いものを使用される場合などには、インプラントによって入れ歯を固定する方法も有効です。

インプラントの構造について

インプラントを考えるタイミング

インプラントによる治療は、次の場合に可能です。
病気で歯を失った時

年齢にかかわらず、虫歯・歯周病や歯根の炎症などが原因で歯を失うことがあります。
インプラントは、天然歯とほとんど変わらない機能と見栄えを回復する治療法です。

事故によって歯を失った時

事故で歯を失うことがあっても、歯の状態によって、インプラント治療で以前の見た目と機能を取り戻すことができます。

生まれつき歯が足りない時

先天的に歯がないことによって隙間が生じることがあります。インプラントは、不足している歯を補うことができます。

 

インプラントと従来の治療法の比較

 
歯を一本失った場合

従来の治療法

失った歯の両隣の歯を削って、1本の歯の代わりとなるブリッジを使用します。
メリット デメリット

■短い治療期間となります。

■両隣の健康な歯を削る必要があります。
■削られた歯への負担が増加します。
■歯を失った部分の骨がやせていきます。

 

インプラントの場合

インプラントとセラミック人工歯を使って、両隣の歯を削らずに治療ができます。
メリット デメリット

■メンテナンスをきちんと行なえば、長期間にわたって、機能と見栄えを維持することができます。
■天然歯に近い見栄えです。
■健康な歯を削る必要がなく、周りの歯に負担がかかりません。
■あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。
■自然に噛むことができ、おいしく食べられます。
■口元を気にせず、自然に話すことができます。

■健康保険が適用されない治療となります。
■簡単な手術が必要です。

 

 
歯を数本失った場合

従来の治療法

部分入れ歯は、金属などのバネを健康な歯にかけて使用します。
メリット デメリット

■短い治療期間となります。

■バネなどが見えて、見た目があまりよくありません。
■バネが健康な歯を傷つける恐れがあります。
■違和感を感じることがあります。
■歯を失った部分の骨がやせていきます。

 

インプラントの場合

インプラントは、天然歯と同じような安定性、機能性、見栄えを備えています。
メリット デメリット

■メンテナンスをきちんと行なえば、長期間にわたって、機能と見栄えを維持することができます。
■天然歯に近い見栄えです。
■あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。
■自然に噛むことができ、おいしく食べられます。
■口元を気にせず、自然に話すことができます。
■入れ歯と異なりしっかりと固定され、ずれなどによる不快感を解消します。

■健康保険が適用されない治療となります。
■比較的簡単な手術が必要です。

 

 
歯をすべて失った場合

従来の治療法

個人に合わせた総入れ歯を、歯茎全体にかぶせます。また、上あごの場合は、口蓋も覆います。
メリット デメリット

■短い治療期間となります。

■入れ歯の安定が悪いとずれやすくなります。
■硬い物を噛むと、入れ歯が歯茎を圧迫し、痛みを感じることがあります。
■味覚に影響する場合があります。
■入れ歯と歯茎の間に食べた物がはさまる場合があります。
■あご全体の骨がやせることがあります。

 

インプラントの場合

インプラントを用いた入れ歯は安定感があり、お掃除のために自分自身で取り外すことも可能です。
メリット デメリット

■メンテナンスをきちんと行なえば、長期間にわたって、機能と見栄えを維持することができます。
■天然歯に近い見栄えです。
■あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。
■自然に噛むことができ、おいしく食べられます。
■口元を気にせず、自然に話すことができます。
■入れ歯と異なりしっかりと固定され、ずれなどによる不快感を解消します。

■健康保険が適用されない治療となります。
■やや複雑な手術が必要です。

 

インプラント治療の流れ

歯科医師によるインプラント手術は、局部麻酔下で行なわれ、あごの骨にインプラント体(人工歯根)が埋め込まれます。
手術後の治療期間に、インプラント体と骨がしっかり結合し、その後にアパットメント(支台)、人工歯をインプラント体に取り付けます。

インプラントを長期的に維持させるには、インプラント治療した部分に限らず、口腔内全体を衛生的に保ち、定期検診を受けることが不可欠です。

1. 診査と治療計画
  ■患者さんの全身状態の問診と口腔内の状態の診査を行ないます。
■あごの骨の量と質を記録するため、口の中の型を取り、レントゲン・CT撮影を行ないます。
■これらのデータを用いて、一人ひとりの患者さんに適した治療計画を立案します。

 

2. インプラント体の埋入と治癒
 

 

■局部麻酔をかけて、インプラント体を埋め込みます。
インプラント体と骨が結合するまで、期間をおきます。
■治癒期間は、インプラント体の種類、骨の健康状態、体調によって異なります。

 

3. アバットメント(支台)の装着
 

インプラント部分の精密な型取りを行ないます。
■患者さんに適したアパットメントのデザインを選択し、装着します。

 

4. 人工歯の装着
 

■アパットメントに適合し、患者さんの歯の形と色に合わせた人工歯を作ります。
■口腔内にぴったりと合うことを確認し、インプラント体の上に取り付けます。

 

5. 治療後の歯磨きと定期検診
 

■天然歯と同様に、よくお手入れしてください。
■毎食後、そして、就寝前に丁寧に歯磨きをしてください。
■歯ブラシは柔らかいものを使用し、定期的に交換してください。
歯科医師による定期的なメンテナンスを受けてください。

八王子のインプラント事情

八王子周辺にはインプラントに力を入れている歯科医院が非常に多い。

メディアにもかなり取り上げられているきぬた歯科をはじめ多くの歯科医院があるその一部を紹介しようと思う。

f:id:masa1010seo:20170606214249p:plain

インプラントセンター八王子
東京都八王子市台町4-44-13 パレドール西八王子2階
TEL:042-664-8744

きぬた歯科
東京都八王子市台町4-48-9
TEL:042-664-8241 

動画での広告もおこなっておりかなり メディアへの露出もしている

インプラントの実績数もかなりのもので八王子周辺エリアだけでなく全国的にみてもかなりのインプラント治療を行なっている医院だと思われます。

 

もう一つの医院がくろさわ歯科 インプラントセンターだ。

 

f:id:masa1010seo:20170606214700p:plain

かなり高水準な治療設備を備えている医院であることは間違いない。

インプラント治療実績数もさることながらこの治療設備は八王子地域でもかなりのものであることは間違いない。

八王子地域のインプラントはこの2医院がかなりのシェアをしめているのではないかと考えられる。

東京都八王子市旭町1−4 八王子交通ビル3F      

Tel:042-646-2332 ACCESS:JR八王子駅 徒歩1分 京王線京王八王子駅 徒歩5分

八王子 インプラント

 

インプラント事情

インプラント事情
インプラントはまだまだ新しい技術です。
特に日本には入ってきたばかりで、その技術は発展途上といえます。


日本におけるインプラントの現状

インプラントが日本に入ってきたのは1960年ごろ。しかし、今のようにはまだまだ普及してませんでした。

本当に安全なの?
長く持たないんじゃないの?
見た目が悪い……

当時「インプラントは良くない!」と思われていました。

けれど現在は様々な技術の向上により、見た目(審美性といったりもします)や安全性なども向上し、徐々に普及が進んでいます。

また値段も高いですが、やはり生活を送るということに深く関係する歯の事ですので、決して高くは無い買い物といえるでしょう。


しかしまだまだインプラントは問題を抱えています。

その一つが感染症の危険です。
どうしてもばい菌が入り込んでしまいますから、どれだけ抗菌できるか、また菌が入り込まないようにするかなどが考えられています。


また治療期間の長さも問題の一つです。
手術を行い、治癒期間を設けることが大きく起因していますが、どちらもとても大事なことです。
歯を支えるための骨とインプラントとをなるべく短い期間で、しかも確実に固定されるための研究もなされています。

インプラントの歴史はヨーロッパにあり。

ヨーロッパでは上顎に鉄製のインプラントが埋まっている紀元3世紀頃のローマ時代の人骨が発見されています。また、中南米では下顎に貝で作られたインプラントが埋まっている紀元7世紀頃の人骨が発見されています。このように、インプラントの歴史はとても古いのですが、確実な治療法になったのは比較的最近です。1952年に金属のチタンを骨の中に埋めると骨と結合する現象が発見され、1965年にスクリュー形状(ネジのような形状)のチタン製のインプラントの臨床応用が開始されました。骨と結合するインプラントの登場によって、インプラントの臨床成績は著しく向上しました。このように骨と結合するインプラントの臨床結果が優れていることが世界的に知られるようになったのは、1980年代になってからです。その後、インプラントには様々な改良が加えられ、臨床成績がさらに向上しています。

サイナスリフトについて

サイナスってどんな治療??

上顎臼歯部(上顎の奥歯)には上顎洞という空洞が存在するために、ほとんどの症例において骨量は少なくなっています。

上顎の骨は下顎に比べて軟らかいので、歯が抜けると急速に骨吸収をおこし、骨量は減っていきます。インプラント埋入の時には、骨が足りなくなっているのです。

このような場合のインプラント埋入には工夫が必要であり、手術の難易度は高くなります。手術方法には、上顎洞底部に骨を造成する「上顎洞挙上術(サイナスリフト、ソケットリフト)」と、骨が少ない場所を避けインプラントを斜めに埋入する「傾斜インプラント」があります。

サイナスリフトは難しい治療法なので経験がある歯科医師に治療を依頼する方が成功率も高い。

インプラント治療|サイナスリフト | インプラントは怖い治療ではない

サイナスリフトを提案できる歯科医師はかなりの技術レベルがあり、インプラントの治療経験も豊富なケースが多いことは間違いない。

骨がすくなくてインプラントができないケースなどもこの治療法で対応できることが多いようなのでインプラントが難しいと言われた際にも勇気をもって他の医院にセカンドオピニオンを受ける方が自分にとってメリットが多いと考えられます。

もし自分がインプラントができないとなった場合には必ず、インプラントの名医や経験豊富で実績も多いい医院に一度相談し治療方法の提案を受ける方がその後の人生が豊かに送れることは間違いないでしょう。

 

そもそもインプラントってどんな治療??

インプラントとは、体内に埋め込む医療機器や材料の総称です。心臓のペースメーカー、人工関節、美容成形の目的で体内に埋め込むシリコン材料等は、いずれもインプラントです。

歯が無くなった場合に、顎骨に埋め込む人工歯根もインプラントの一つであり、正確には歯科インプラント(デンタルインプラント)と呼称されます。

しかし一般的には、歯科インプラントの意味で「インプラント」という言葉が用いられることが多いので、以下インプラントという言葉を使用します。

 

インプラントとブリッジ・入れ歯の比較

抜歯した後の治療方法には、インプラントのほか、ブリッジ・入れ歯がありますが、多くの医院では、インプラント治療をお勧めしています。

ブリッジや入れ歯は、健康な歯を削る必要があるため、将来的にその歯を失うリスクを高めてしまうためです。 将来に多くの歯を残していくためには、他の歯に負担をかけず、歯を補うことが必要になるのです。
それぞれの治療法の違いを確認した上で治療方法を選択することが必要と言えます。

 

入れ歯とは

取り外しができる人工の歯のことです。
高齢者が使うものというイメージがありますが、何らかの事情で歯を失った人も使用します。
部分入れ歯と総入れ歯があり、健康保険が適用になるものと自由診療で作るものがあるのです。
また、ドラッグストアに行けば入れ歯専用の接着剤やクリーナーなどもたくさん売られています。

 

歯のブリッジとは

歯のブリッジとは歯を失った時、前後の歯を削って橋のように繋ぎ、2本の歯で3本の歯を作ることです。前後の歯を冠に被せるように削り、3つの冠が一体化したものを歯に付けます。前後の歯には1.5倍の噛む力の負担はかかりますが、噛む感覚は自分の歯のように噛むことができます。

インプラント以外の様々な治療があること、しっかりと定時してくれる歯科医院に通院することが自分にとってベストな歯科医院なのかもしれませんね

インプラントばかりすすめる歯科医院が世の中に非常に多い中、値段的にもインプラントが高いということもあり踏み切れないケースが多いかと思います。最終的な判断は治療後どの程度インプラントがあって噛めるようになるのか。

そしてなん年後までもつのか??治療をうける側にはそこが一番きになるところでしょう。