読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント治療ナビ!

インプラント治療ナビ!歯医者にいっていろいろ調べてきました

インプラント治療の治療費の相場

インプラント治療は一部の症例で保険適応が認められていますが、適応条件が厳しく、通常は保険外の自由診療で治療を受けることになります。

少し古いデータですが、2014年4月に日本インプラントセンターが統計をとった全国362医院を対象として行った調査では、1本あたりの平均費用は約32万5,000円でした(ちなみに最安値は14万円、最高値は53万5,500円)。

昔は今よりもインプラントは特殊な治療で、術式や材料なども現在とは異なっていました。インプラントを日本に導入した先生は、この先端の治療をなるべく広めたいという気持から、1本あたり100万円程度で治療をスタートしたそうです。かなり高い治療費だと思いますが、当時はそれでも大赤字だったそうです。

 

1本あたり”埋め込むのにかかる費用はおよそ『3040万円』

保険適用外のインプラント治療に支払う費用の平均は、“歯1本あたり”およそ『30~40万円』だといわれています。この費用の相場は、都市部と地方で違いが生まれてきますが、あくまできちんとした治療を受けることが前提でこの値段がはじき出されています。

 

人工歯(上部構造)の価格一覧
人工歯の種類(素材) 価格 特徴

銀歯

16.3万円

強度が強いが、審美性に劣る

ハイブリッドセラミック

24.4万円

審美性は高いが、時間が経つと変色しやすい

セラミック

27.5万円

特に審美性も強度も高く、変色しにくい

 

インプラントは治療後もお金がかかる

インプラントを入れたらそれで治療が終わりという訳ではありません。インプラントの本体、アバットメント、かぶせ物といった各部位の点検や、ネジの締まり具合、噛み合わせの調整、清掃を含めた定期的なメンテナンスが必要になってきます

インプラントの長所・短所

インプラントとは、歯が無くなってしまったあごの骨に穴をあけてネジを埋め込み、そのネジを土台にして冠をかぶせる新しい歯科治療法の一つです。今までは歯が無くなればブリッジや入れ歯でしか歯を作れませんでした。インプラント治療は、咬み心地が天然の歯に比較的近く、従来のブリッジのように、歯を作るために他の健康な歯を削る必要が無いことが最大の利点です。部分入れ歯に抵抗感を持つ人にも受け入られやすい治療法です。
最近はやりのインプラントですが、各メーカーによって特性、形状、上部構造の作り方など様々な特徴があります。

 

長所

  • 自分の歯と同じ感覚で食べ物が噛め、味や食感をしっかり感じ取ることができる
  • 部分治療の場合、周囲の歯を傷つけない
  • 天然の歯と変わらない自然な印象に仕上がる
  • 顎の骨に力を加えるので、顎の骨が痩せてしまうのを防ぐ効果が期待できる
  • 天然の歯と同じように通常のメンテナンスでOK

短所

  • 外科手術が必要
  • 保険が適用されないため費用(治療費)が自費になる
  • 重度の糖尿病などの疾患がある場合、治療が適用できないことも

インプラント治療について

自然に噛める「第2の歯」

歯は「歯冠(表に表れている部分)」「歯茎部(歯ぐき部分)」「歯根(骨に埋まっている部分)」でできています。
歯根まで失った時にとられる処置としては、「入れ歯」や「ブリッジ」などを採用するケースがほとんど。また、そのまま放置される方も多いようです。
しかし、「入れ歯」や「ブリッジ」の場合「見た目が美しくない」「かたいものが食べられないうえ、美味しくない」「何度も作り直さなければならない」などといった問題が起きています。また欠損したまま放置した場合には、周囲の歯に大変悪い影響を及ぼします。
そこでインプラントの登場です。インプラントとは、ご自分の歯と同じように自然に噛める「人工歯根治療」のことです。「入れ歯」や「ブリッジ」とは異なり、審美性、耐久性、噛む力など全ての点において優れた「第2の歯」と言っても過言ではありません。
インプラントは長年研究が重ねられ、精度の高い治療法として国際的に浸透しており、埋め込み、骨と強固に結合させ、それを土台にして自然の歯と同じような歯を取り付けることによって、自分の歯とほとんど同じ感覚が取り戻すことができます。力強く噛め、顎の骨にもきちんと刺激が伝わるので、自然の歯のような食感、美味しさを感じることができます。
1本の歯を失った場合でも、全部の歯を失った場合でも、それぞれの症状に合せたきめ細かい治療が可能なことも、インプラントが世界的に広がりを見せている理由です。

インプラント治療について

自然に噛める「第2の歯」

歯は「歯冠(表に表れている部分)」「歯茎部(歯ぐき部分)」「歯根(骨に埋まっている部分)」でできています。
歯根まで失った時にとられる処置としては、「入れ歯」や「ブリッジ」などを採用するケースがほとんど。また、そのまま放置される方も多いようです。
しかし、「入れ歯」や「ブリッジ」の場合「見た目が美しくない」「かたいものが食べられないうえ、美味しくない」「何度も作り直さなければならない」などといった問題が起きています。また欠損したまま放置した場合には、周囲の歯に大変悪い影響を及ぼします。
そこでインプラントの登場です。インプラントとは、ご自分の歯と同じように自然に噛める「人工歯根治療」のことです。「入れ歯」や「ブリッジ」とは異なり、審美性、耐久性、噛む力など全ての点において優れた「第2の歯」と言っても過言ではありません。
インプラントは長年研究が重ねられ、精度の高い治療法として国際的に浸透しており、埋め込み、骨と強固に結合させ、それを土台にして自然の歯と同じような歯を取り付けることによって、自分の歯とほとんど同じ感覚が取り戻すことができます。力強く噛め、顎の骨にもきちんと刺激が伝わるので、自然の歯のような食感、美味しさを感じることができます。
1本の歯を失った場合でも、全部の歯を失った場合でも、それぞれの症状に合せたきめ細かい治療が可能なことも、インプラントが世界的に広がりを見せている理由です。